再発の危険性から目を背けるな!【躁鬱との闘い】

先生

様々な精神疾患について

先生

躁鬱病は躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患です。うつ病から移行していくことが多く、治療はやや難しくなります。躁鬱病は社会的な問題を引き起こしやすく、社会の理解が今後は必要になるでしょう。

詳しくはコチラ

気分の上下が激しくなる病

先生

躁鬱病は気分の上下が極端に繰り返される心の病の一つです。ストレスをきっかけに脳内物質が乱れて起こると考えられています。治療では躁鬱病のきっかけとなったストレスを取り除き、自分にあった新しい生き方を見つけることが大切です。

詳しくはコチラ

症状の詳細

元気になる

躁鬱はテンションの上げ下げが極端に変わる病気ですが、それぞれの状態で様々な弊害が生じてきます。いまは治療も医師の元で受けることが可能なので、専門のところに行って治療していくことが求められます。

詳しくはコチラ

心の病気の治療法

正しい診断を受けましょう

鬱

うつ病に罹患する方は現在特に増えています。うつ病は気分が急激に落ち込むことが一つの特徴ですが、時に他の病気と間違われることがあるのが問題です。うつ病と同様の症状が現れる病気としては、例えば双極性障害が挙げられます。双極性障害は躁鬱病とも呼ばれており、気分の変動が激しいのが特徴です。躁鬱病の場合には気分の高揚する時と落ち込む時の落差が激しく、自分でも中々病気の存在に気が付かないことがあります。元気な時期があることから周囲も受診を勧めることなく過ごしてしまうのが、この躁鬱病の厄介な点です。躁鬱病は気持ちのコントロールが難しいため、うつの時期には自傷行為なども起こり得ます。従って、うつ病以上に状態に注意を払うことが必要です。心療内科や精神科の受診は、通常顕著な症状が見られた時に行なわれます。ですので躁鬱病の場合には、うつ状態に陥っている期間に受診をするケースが多いです。このような時、医師は無気力や食欲のなさ、気持ちの落ち込みといった症状で病気を判断します。ですので、長期的な経過観察がされない場合には、単なるうつ病として診断されてしまうケースがあるのが問題です。従って、心療内科や精神科で治療を受ける際にはこれまでの症状の経過を詳細に医師に話すことが必要となります。家族も極端な気持ちの変動などが見られたら、念のため躁鬱病の可能性も視野にいれておくのがベストです。躁鬱病は一般のうつ病とは治療の方法が異なることから、始めの段階で正しい診断を受けることが求められます。

専門治療が役立ちます

心療内科や精神科では、様々な方法で躁鬱病を治療していきます。薬物療法の他に、このような診療科では幾つかの心理療法が試されるのが常です。認知行動療法や心理的な教育などを用いて、病気を客観的に見つめるサポートをしていきます。例えば心理的な教育の一つとして挙げられるのが、自分の生活記録の実践です。躁鬱病の場合には日々症状が変化することが多く、病気の経過を知るためにもこのような記録は役立ちます。また、自分自身の症状を見つめる際にも一役買ってくれることが多く、問題行動を起こしそうな時に一つの抑止力として活用することも可能です。躁鬱病は治療後も再発しやすい病気です。従って長期的な経過観察が非常に重要になります。自分の生活記録はそういった場合にも力を発揮してくれる材料です。躁鬱が再発する前には、多くの場合何らかの兆候が現れます。日々の記録は気になる兆候をその都度チェック出来る点が大きなメリットです。担当医とこのような記録を共有することで、患者自身も治療に積極的に関わることが出来ます。症状改善へのモチベーションも上がると考えられますので、治癒の可能性も高くなるのが利点です。また、心療内科や精神科では家族と協力して治療に当たることも少なくないと言えます。一番身近な家族の力を借りることで、病気も治りやすくなるのが一般的です。このような多様な専門治療が可能な心療内科や精神科は、現在高い人気を得ています。精神的なリハビリを設けて社会復帰を後押しする医療機関もあり、今後も期待が持たれている診療科です。

Copyright©2015 再発の危険性から目を背けるな!【躁鬱との闘い】 All Rights Reserved.